--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲーム音楽トーナメント ”知られざる名曲”編 まとめ2

2010年09月17日 23:37

引き続き、企画放送のまとめです。






◇◆◇◆第三試合 ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆



先攻:『Sayonara Rolling Star』<ビューティフル塊魂>(はるたんさん推薦)




 一言:普通のJPOPとして通用しますw


 Xbox360専用ソフト、ビューティフル塊魂より『Sayonara Rolling Star』です。
 知名度の高い人気シリーズで、PS2をはじめXbox360、PS3、携帯アプリなど幅広く展開しています。
 いくつかの曲はそのアレンジが、シリーズ中何作かで使われていますが、この曲はXbox360のみの収録となっているようです。
 ”主が歌ってるの?”いえ、歌はタレントの平山あやさんです。そんなに声似てた?ウフヘヘヘ(ノ´∀`*)
 
 ”これは有名だから負ける気が・・・””致命的に知名度が高いね!”私もそう思っていたのですが…
 ”あれ?知らない””塊魂ってこんないい曲あるのかww”等々、ゲームは知っているが曲は知らない方も多かったみたい。
 ”普通に曲だなw namcoらしくもあるw””塊魂!J-POPなんだよね”確かに、曲調は普通のJ-POPですね。
 ゲーム音楽とはちょっと離れている気もしますが、今回はゲームのBGMというくくりなのでOKです。








後攻:『Only You』<MACROSS DIGITAL MISSION VF-X>(PS)





 一言:この劇中歌をBGMに、敵巨大要塞へと単機突入する展開は鳥肌モノ




 1997年に発売されたPS専用ソフト。人気アニメMACROSSのゲーム化作品です。
 舞台はマクロス7から1年後、完全オリジナルストーリーで河森監督が始めて開発に関わったゲーム作品になります。
 歌は劇中のアイドルMILKY DOLLSですが、作詞作曲はリン・ミンメイこと飯島真理さんです。
 ”ktkr””ktkr!””VF-Xじゃねーか!!””うお、懐かしいパッケ…!”等々、
 さすが当コミュのリスナーさんたち!想像以上に知名度が高く驚きました。

 だんだん盛り上がっていくタイプの楽曲なのですが、告知の通り流すのは4分。時間で容赦なく切らせて頂きました。
 ”あああああ””おにちく!””あんた鬼か!””ちょwおまww””なん…だと…””ぶーぶー””鬼だ”などなど
 リスナーさんからは非難轟々。だって仕方ないんです!4分切りは告知していたし、長い曲ばっかりだと放送進まないんだもの!
 というわけで、この動画でしっかり曲を堪能してくださいませ。ごめんね(;´∀`)








さて注目の結果は 先攻 51.9% 後攻 48.1% と『Sayonara Rolling Star』の勝利です!

偶然にもガチ歌対決となりましたが、非常に際どい僅差となりました。
かたや一般の人気、知名度はダントツであろうものの少々ハードルの高いXbox360ソフト、
かたやロボファンには絶対の知名度マクロスブランドを持つが若干古い&人を選ぶPSソフト。
有利不利の無い非常にいい戦いになったかと思います。

”毎度いい勝負じゃないか””どっちも知らんかった””やべ。普通にこの曲欲しい”など、
今回のテーマ、知られざる名曲を発掘しようという趣旨に沿った展開となりました。








◇◆◇◆第四試合 ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆



先攻:『ODIN SPHERE's Theme -Shanachie ver.-』<オーディンスフィア>(kasaijiさん推薦)




 一言:シャナヒーが歌うメインテーマのED版。
    童話のようで悲しい、世界観そのままの名曲。


 ヴァニラウェア開発、アトラス販売のPS専用ソフト。アクション要素の強いRPGだそうです。
 音楽は崎元仁氏を筆頭に、ゲーム音楽制作会社ベイシスケイプの方々が担当されています。
 国内外それぞれ10万本のヒット作ですが、”ゲームは知ってるけど曲知らない””やばい…知らん…!”など
 意外と知名度は高くないようです。”これマイナーなのか…有名だと思ってた”すみません私も知らなかった…。
 
 幻想的な曲調で”胸がジュンジュンする””やっぱ神曲は悲しい歌が多いね””よい感じ”と、かなりの好評価。
 ”ゲーム音楽からゲームを選ぶってのもおもしろそうですね”ですよね。音楽がいいとちょっと興味沸きますよね。
 ”これを機にゲームを買ってくれる人が出ると、うれしいですね”むしろ私が買ってしまいます(;´∀`)
 ”おでん!” お黙りっ( ゚д゚ )クワッ!!








後攻:『後悔はない(2:58~)』<ブレスオブファイアⅤ-Dragon Quater->(匿名さん推薦)





 一言:アンサガとならぶPS2の1coin名作RPG。
    少女のために世界に反逆する少年の物語。
    この曲と「そらをみにいく」のタイトルは
    共に作中重要なフレーズとして登場するだけでなく、
    主人公と世界との決定的な衝突を転機に、
    通常戦闘曲が「後悔はない」に切り替わり、
    ストーリーの展開を演出する名曲。




 人気シリーズのブレスオブファイアの最新作であり、ワゴンゲートして有名なⅤ(通称ドラクォ)です。
 高めの難易度と世界設定の地味さで一般人気は高くないものの、設定や展開の良さから一部では良作として人気な本作。
 音楽は崎元仁氏が担当されており、図らずも同士対決となりました。
 崎元氏といえば、タクティクスオウガ、FFT、FF12、戦場のヴァルキュリアなど多くの代表作が存在します。
 
 ”ああ、確かにFFTだなこの曲調””あー戦ヴァルかー、そんな感じかも””FF12も分かる”などなど、
 同氏の特徴的な旋律に他作の音楽を連想される方も多かったようです。
 ”こんだけ知らないのばっか流されるともう自分がゲーマーだって言えなくなりそう”いえいえ、そういう企画ですので!
 ”ふ、知ってるのばかりだZE”ええっ!それはすごいですね。








さて注目の結果は 先攻 59.7% 後攻 40.3% と『ODIN SPHERE's Theme -Shanachie ver.-』の勝利です!

良い勝負…ですがちょっと割れましたかね?
”連作タイトルだから知名度差かな”それもあるかもしれませんね。ブレスは中々の人気シリーズですし。
今回は幻想的な曲と激しいバトル曲という全く毛色の違う曲でしたので判断も難しかったかと思います。
ですがそれもこの企画の醍醐味!迷いに迷って悩んだ末に清き一票を決めてくださいね!
”おでん!” お黙りなさい(#^ω^)









次回、上位3曲とトーナメント表を公開してまとめは終了となります。
毎度毎度お待たせしてしまってすみません。よろしければまた覗いてやってください!











最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。