--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲーム音楽トーナメント ”テンション上がる曲”編 まとめ1

2010年05月06日 00:29

5月5日 久々の企画放送として『ゲーム音楽トーナメント "テンション上がる曲”編』を行いました。

今回はリスナーさんからも曲を募集し、私1曲+リスナーさん7曲の計8曲です。

募集条件は以下の3つ
・一般に流通するゲーム音楽の原曲であること。(同人ゲームやアレンジ曲は不可)
・ニコニコ動画またはYouTubeに上がっている曲であること。
・1曲4分以内が望ましい。(長い曲の場合、放送では4分しか流しません)

1か月くらいで8曲集まればいい位に考えていたのですが、なんとわずか1時間足らずで枠が埋まってしまいました!
応募して下さった皆さん、本当にありがとうございます!
この企画は定期的に行いたいと思いますので、今回間に合わなかった方もまたどうぞ是非ご参加ください。
(※募集の際に先着8曲と書きましたが、放送主である私の曲が入るため7曲の間違いです。すみません。)



では早速今回集まった8曲を紹介しましょう!(放送で使用した順)

・『未来への咆哮』 <MUV-LUV ALTERNATIVEより> (Gimuさん)
・『Leap the precipice』 <トラスティベル> (匿名)
・『Thinker』 <ARMORD CORE for Answerより> (匿名)
・『CHRONO CROSS ~時の傷跡~』 <クロノ・クロスより> (kenさん)
・『熱情の律動』 <Romancing SaGa - Minstrel Song-より> (豚キムさん)
・『エミヤ』 <Fate / stay night より>  (今夜が山田さん)
・『さぁ、ちからみなぎる、おれが相手だ』 <MYTHTIC ARCより> (匿名)
・『こい つはちょっぴり、てごわい相手』 <ごきんじょ冒険隊> (彦左衛門)



この8曲でトーナメント表を作成し、リスナーさんによるアンケートで勝敗を決定します。
※今回のトーナメント表は、まず『未来への咆哮』と『熱情の律動』を別ブロックに、
作曲者が同じである『さぁ、ちからみなぎる、おれが相手だ』と『こいつはちょっぴり、てごわい相手』を1回戦に置き、
あとの曲は トーナメントマネージャーというソフトのシャッフル機能を使って作成しました。



ではさっそくTOP3を…と言いたいところですが、今回は順を追ってじっくり発表していきましょう。




第一回戦

◇◆◇◆ 第一試合 ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆



先攻:『未来への咆哮』 <MUV-LUV ALTERNATIVEより> (Gimuさん)

まさかのJAM PROJECT。これはテンションが上がらざるを得ない!
ゲーム音楽とはちょっと違う気もしますが、ゲームのテーマソングでありルール上は全く問題ありません。
JAMといえばスパロボシリーズという印象が強いですが、この曲は『MUV-LUV』のテーマソングだそうです。

コメントは当然ながら”いきなりwww””既にMAXですが何か?”"これは盛り上がらずをえないw"など大熱狂。
中には”ちょっと卑怯すぎるw””これはチートw”等のコメントも…。さすがのJAMクオリティであります。
”これゲームBGMだったんだ”という意見もチラホラ・・・。ですよね、私も初めて知りました。






後攻:『Leap the precipice』 <トラスティベル>

Xbox360,PS3用ソフト「トラスティベル」より通常戦闘曲の『Leap the precipice』です。
ショパンの名曲の数々がふんだんに使われたゲームと聞いていますが、さすがに戦闘曲は熱いですね!
作曲者の桜庭統氏といえば「ヴァルキリープロファイルシリーズ」や「テイルズシリーズ」、
「スターオーシャンシリーズ」や最近では「End of Etanity」でも活躍されています。

初出が箱○ソフトとあって、そこまで知名度は高くないかと思いきや、意外や意外。
”知ってるこれ!””テラバテンカイトス””ヴァルプロでしょ”など、作曲者さんの名前も手伝ってそれなりの知名度はあるようです。
しかし対戦相手がいきなりのJAMということで、"が、相手が悪すぎだろwww"等のコメントも。



さてさて注目の結果はなんと 先攻40.7 後攻59.3 で『Leap the precipice』の勝利となりました!

これは意外と言わざるを得ない…!
コメントを見ていくと”ぬあああああ!!orz””うそだろwwwwww””意外な結果www” ですよねー。
しかし、”いやぁ、もう慣れてるってのもあるでしょうよ””熱くなる≠テンションがあがる、という結果かな?w”
”強すぎてバイアスかかったな” など冷静なコメントもあり、結果に納得です。

今回のお題はあくまで『テンションの上がる』曲
よく耳にする聴きなれた名曲よりも、初めて聞いた印象的な名曲にテンションが上がった、ということなのかもしれませんね。













◇◆◇◆ 第二試合 ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


先攻:『Thinker』 <ARMORD CORE for Answerより>

Xbox360,PS3ソフト「ARMORD CORE for Answer」より、シリーズ中屈指の人気曲『Thinker』です。
この印象的なコーラスは作曲者である星野康太氏自らの声を加工したものなのだとか。
派手さはないものの、じわじわとこみ上げる熱さのあるこの曲。特にフロム脳の方々には堪らないのではないでしょうか。
動画中の歌詞は公式で発表されたもので、ファンの間では様々な解釈が飛び交っているそうです

”フロム脳がそんなに居るわけないカラサワ””いるわけない月明かり””いるわけでない月光”
・・・なにやら謎のコメントが飛び交っておりますが、これがフロム脳なのでしょうか(;´Д`)
渋い、静かに熱気が押し寄せるような曲調に”これは好き嫌いあるだろうなぁ”という意見も。







後攻:『CHRONO CROSS ~時の傷跡~』 <クロノ・クロスより> (kenさん)



言わずと知れた名作RPG「クロノ・クロス」より『CHRONO CROSS ~時の傷跡~』です。
控えめで切ない前半部分から一気に押し寄せてくる後半部分。この激しくも切ない異国を思わせる旋律は圧巻。
作曲者の光田康典氏は『クロノシリーズ』の他、『ゼノギアス・サーガEp1』『マリオパーティシリーズ』等手がけられています。
そういえば某名作ゲーム「moon」にもあすなろボーイズなる名前で植松伸夫氏と共同で参加されていたとか。
気になる方は探してみてはいかがでしょうか。…と言ってもサントラは超プレミアですが

タイトルを発表するなり、”何だと……””これは・・・強いぞ…””ガチだわ”etc.コメントもざわめきます。
どちらかと言えば静かに盛り上がるこの曲。曲調の分類としては『Thinker』と若干似ているところもあるように感じます。
”しかしなぜここでぶつけたし……迷う” すみませんうちのトーナメント表作成ソフトが。・゚・(ノД`)・゚・。




注目の結果は 先攻38.2 後攻61.8 と 『CHRONO CROSS~時の傷跡~』の勝利です!

『Thinker』も健闘したものの、残念ながら一歩及ばず。
”1に入れたけど、妥当だのw””まぁ、こうなっちゃうかな””相手が悪すぎる・・・orz” 等、コメント欄も納得のようです。
個人的に『Thinker]』は聴きこむうちにハマるタイプの曲のように感じました。
”コーラスがじわじわくるんだが~”そう、まさにそんなかんじの!












1枠目はちょうどこのあたりで終了しましたので、まとめもここで一旦区切ります。

今回久々の企画放送にも関わらず、多くの方に協力していただきました!本当にありがとうございます!
この調子でボチボチまとめていきたいと思いますので、よろしければまた覗きにきてやってください。




→その2へつづく


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。