--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲーム雑感『ニーアレプリカント/ゲシュタルト』

2010年07月18日 22:59

最近ハマりまくったゲーム。『ニーアレプリカント(ゲシュタルト)』について。

放送ではやっていないのですが、
個人的に気に入ったので紹介させて頂きますヽ(´ー`)ノ


ニーア レプリカントニーア レプリカント
(2010/04/22)
PLAYSTATION 3


商品詳細を見る

※このリンクはブログの”商品の紹介”機能を利用してます。アフィリエイト登録はしてないよ。


こっちはプロモ。結構長いです。コメント非表示の方がいいかも。
スクエニ嫌いの方たちが暴れているみたい。そんな目の敵にしなくても…。




----------ソフト紹介---------------------------------------------


PS2ソフト『ドラッグ・オン・ドラグーン』(以下DOD)の正統続編です。
作中では伏線程度にしか明示されないのですが、
かの有名な”新宿エンド”後の世界が舞台となってます。(公式設定資料集より)
一部の武器名が共通していますが、DODを知らなくても全く問題ありません。


レプリカントとゲシュタルトでは主人公のポジションが違います。
レプでは主人公・ニーアがヒロイン・ヨナの兄、ゲシュではヨナの父親となります。
元々はレプの兄ニーアだけで出す予定が、海外向けにXbox360版では兄を父に変更したそうな。
海外では美形青年主人公よりも、子持ちの親父主人公の方が売れるってことらしいです。
なので箱もPS3も持ってるよー、という場合はPS3版をお勧めしておきます。
箱版が悪いって訳ではないんですが、仲間との関係性を考えると兄ニーアの方がしっくりくるかも。


システムは一般的なアクションRPG。
エンカウント制ではなく、フィールドの敵と直接バトルするキングダムハーツ形式。
難易度は選択可。アクションが苦手な私でもNORMALで特に苦労せずクリアできました。
物語の進行に従い魔法が増え、中盤から武器も選べるようになります。(片手剣・両手剣・槍)
敵の弾幕攻撃を避けつつ攻撃するSTG要素や、一部の2Dアクション要素、一部サウンドノベルもあります。


音楽は素晴らしいの一言。
曲数自体は少ない…というか同旋律のアレンジが大半なのですが、演出が良いです。
イベントとの親和性が非常に高く、効果的にシーンを盛り上げています。
私自身、音楽いいと聞いて興味を持ったので、ゲーム音楽好きな人は是非聴いてみて下さい。


グラフィックは…中の下、かな。
PS3にしてはやや厳しいですが、独特の雰囲気はあります。
PS2ソフトの『ICO』や『ワンダと巨像』をちょっと綺麗にした感じ、と言えば分かりやすいかと。
でもムービーシーンは丁寧に描かれていて、キャラクターの表情はしっかりつけられています。


シナリオは若干人を選ぶかもしれません。
明るく淡い色彩の退廃的な世界に、”死”を扱うイベントが多いです。
ストーリー自体は綺麗にまとまっていますが、設定資料集を見ると軽く鬱になるかも。
マルチエンディングで周回プレイが前提となります。(2週目以降は中盤からのスタート)
2週目以降イベントが挿入されるので(3周目以降は変わらず)せめて2週はプレイしてほしいです。


ボリュームはサブシナリオ一切無視のストーリー攻略だけなら1周20時間弱。
2週目以降は既読部分をスキップして2,3時間位に短縮可です。
(3周目と4周目はED直前の選択肢で分岐するので、ラスボス前でのデータ使い回しが可能)
サブシナリオを極めるとなると、60時間はかかるんじゃないでしょうか。
サブとはいえ、他のシナリオや本筋とリンクしたり、なかなか作り込まれてます。


武器強化のための素材集めが大変すぎたり、
ワードシステム(FF7のマテリアみたいなもの)が手間だったり、
ちょっとそれはないだろうというカメラ視点があったり、
仲間に対する指示がアバウトだったり荒削りなところも確かにあるのですが、
とりあえずDODファンなら公式設定資料集込みで買って損はないと思いますよ。





---------雑感--------------------------------------------------


正直ここまでハマるとは思いませんでした。
「曲がいいよ!」と進められ、ふーんと聞き流していたのですが、
ニコ動に上げられていたゲーム曲を聴いて興味を持ち、いそいそと購入。
何となく連休中に開始して、3日で4周するという暴挙に出てしまいました。
ちなみにサントラも公式設定資料集もがっつりゲットしております。


良かったところは色々あるのですが、私が一番魅力を感じたのがその世界観。
劇中全体に漂う「静かに終わりゆく感」がたまりません。
『バイオハザード』というよりは『サイレントヒル』
『Dungeons & Dragons』というよりも『クトゥルフの呼び声』。
わけ分からん例えですが、なんとなく伝わるでしょうか。


DODの続編ということで相変わらず鬱ですが、方向性はちょっと違うっぽいです。
DODの鬱がその場で終了してしまうBADエンド的なものだとしたら、
ニーアの鬱はかすかな希望を引きずりながら終末へと向かうような…。
”ヘッドショット”と”失血死”の違いとか例えたらさすがに引かれますかね?
全体を通して、一見平穏だがよーく考えてみると、という展開が多いです。


ED1周目も普通のハッピーエンドに見えるんですが、公式設定資料集によると色々すごいですよ。
2週目の追加イベントもなかなか衝撃でしたが、開発者インタビューでの真相はそれ以上でした。
一応ロード画面やゲーム中の調べるポイントで部分的な設定は読み取ることができるのですが、
物語の進行に不要な設定はとことん削られているので、背景が知りたいなら資料集は必須かと。


ちなみにこの資料集、物語のダイジェストもあるので読むのはクリア後推奨です。
かなり綺麗にまとまっているのでこれを読めばストーリーも把握できてしまうのですが
作中での演出やセリフ回しがいいので、まとめでサラッと読んでしまうのは勿体ないです。


主な見どころは以下の通り。

・Dエンディング後のストーリー(真エンド?)
・書き下ろし含むサイドストーリー(10篇)
・ネタバレ裏話全開の開発者インタビュー小さい文字でびっしり5P
・ゲシュタルト計画の全様・詳細年表
・各キャラクターの詳細設定・裏話・設定資料など
・各武器にまつわるウエポンストーリー(59篇)



ウエポンストーリーはあまり期待していなかったのですが、想像以上に濃い内容で驚きました。
雑誌にも掲載されていたものらしいのですが、独特の雰囲気があるので好きな人には堪らないんじゃないかな。
私なんかまさにストライクで、これを事前に知っていたら発売日にニーア買いに走ったと思われます。
ちなみにDODやDOD2にも登場した武器はそちらのものも掲載されています。

この雰囲気は言葉で伝えづらいので全59篇中から一篇を引用します。
関連する武器同士がそれぞれリンクする構成になっているのですが、
1篇だけでも雰囲気が伝わりやすいと感じたものを選びました。
※引用の範囲に留まると判断しましたが、問題があるようでしたらすぐに削除しますのでご一報下さい。



------------------------------------------------
涅槃の短剣

少女は生まれた時から婚約者がいると聞かされて育てられました。家の中で日々花嫁修業に励み、夜は窓から見える景色に向かって婚約者へ祈りを捧げました。「●●様、早く迎えに来てくれる日をお待ちしています。」

少女が暮らす家には、同じ年頃の少女が何人も暮らしておりました。少女たちは全員が同じ婚約者の為に、日々花嫁修業に励み、夜は祈りを捧げました。「●●様、早く迎えにきてくれる日をお待ちしています。」

ある日、婚約者として選ばれるのは、最も優れた一人ではないのかと少女たちが喧嘩をしました。自分が婚約者として一番優れている、と譲らない少女たちに世話係の女は少女たちに優しく話しかけます。「大丈夫、あなた達は全員●●様のお嫁さんになれますよ。」それを聞いた少女たちは皆笑顔になりました。

婚約の日に少女たちが連れてこられたのは、家の窓から見える石畳が並ぶ場所でした。少女たちに一つの短剣が渡されます。婚約者に会うにはこの場所で命を絶たねばならない、そう聞かされた少女たちは我先にと短剣を奪い合いながら自害しました。その後、少女たちが死んだ場所に神殿が建てられました。神殿の名称は少女たちの婚約者の名前でした。

(―ニーア ザ・コンプリートガイド+設定資料集 P174より)


------------------------------------------------



この話は本編と直接の関わりがありませんが、シナリオに直接リンクするものもあります。
ニーアの武器でDODを彷彿とさせる…というかまんまDODな武器もありました。


最後に私が購入するきっかけになった曲と、サントラ中一番のお気に入り曲を貼っておきます。
(ED曲もお気に入りなんですが、それを貼るのもどうかと思ったのでこっちにしました)
興味のある方は是非是非やってみて下さい!
ついったーでニーア関連のリプライ飛ばしてくれると大喜びして食いつきますよヽ(´ー`)ノ



購入のきっかけになった曲。『イニシエノウタ』




サントラの中で一番お気に入り。『カイネ/逃避』

スポンサーサイト

DS-10が気になる…

2010年02月24日 22:26

先日2/13の運営生放送『ゲーム音楽作者トーク&ライブ生放送 おとや 第一回』にて
とても面白そうなソフトが紹介されていたので、ちょっと気になって調べてみました。



そのソフトとはこれ↓

    「KORG DS-10」
$ひそひそゲームラジオBlog-DS-10


KORG DS-10は1978年にKORGより発売されたパッチ式アナログ・シンセサイザー"MS-10"をデザイン・コンセプトに、
昨年7月に発売され大ヒットを記録した、世界初のニンテンドーDS用シンセサイザー・ソフトウェアです。
ニンテンドーDSの持つタッチスクリーンを用い、すべての操作をタッチペンで行えます。
これまでのハード・シンセ、ソフト・シンセにはないインターフェイスと使いやすさを実現したまったく新しい楽器です。

アナログ・シンセサイザーならではの音を再現したクオリティの高い音源部には、
株式会社コルグのノウハウが惜しみなく投入され、さらにニンテンドーDSのタッチパネルを最大限に生かした、
感覚的なノート入力/サウンド・コントロール・モードも用意されるなど、
楽器を触ったことのない方から音作りにこだわるプロの方までご満足いただける仕様となっています。

(画像と説明はamazon.comから引っ張ってきました)





まあ要するにDSをシンセにしちゃうよ!という音楽ソフト。楽器ですね。
存在は知っていたのですが、何となく敷居が高くて見送っていたこのソフト。

放送中に出演者の皆さんがあまりに楽しそうにいじってらしたので
ついついニコニコ動画で検索してみた次第であります!

す、すごい…。なんなのこの人たちこれはどうみてもプロの犯行です 本当にありが(ry

あまりの完成度に絶句したのでブログで紹介しようと思った次第であります!




まずはこれ。



チーターマンアレンジ。これがDS音源だなんて信じられます…?
これ、一本のソフトを使って何もない状態から作ってるんですよね…?
恐るべし、DS-10。(というか作者が神がかっていると言うべきか)



次にこれ。



皆さん1度は聞いたことあるであろうあのメロディが何故かカノンと合体!
こういうのを作れるセンスが非常に羨ましい。
作者さんは上のチーターマンと同じ方のようですね。
(生放送もされているようです → 僕らの蘭ちゃんコミュ )




こんなのもありましたよ。



上二つとは一味違う可愛らしい曲調ですが、しっくりきますねー。
amazonなどのレビューによるとこのソフト、"シーケンサ機能は若干弱い"そうですが、
それでも携帯機DSでこれくらい出来るのなら十分のような気がします。




凄すぎてどうやるのか分からないYO!という方はこちらを。



即興で少しずつ曲が出来ていく様子をそのまま動画にした感じ。
上三つのプロの犯行的作品も、全てこのような地道な作業で作られている訳ですね。
とても分かりやすい上に、何だかさらに欲しくなってくるような…。流石『販促動画』タグは伊達じゃない。
(動画作者さんのサイト → KORG DS-10 Know-How )




実際に演奏するとこんな感じになるみたい。



4小節ごとに曲を分割してあらかじめパーツを作り、それを選択することでメロディを作るみたいですね。
上の『チーターマン』や『ファミマカノン』の方のように鍵盤を使って演奏も可能のようですが。
この方法だとちょっとした音ゲー気分でノリノリになれそう。良いなあ…、これ。







見れば見るほど面白そうなこのソフト。
実際に上手くできるかは別として、かなり面白そうですよね。
いつか、これを使って、即興で作曲配信とか、できたら、いい、な。


突発枠でヴォルフィードをクリア!

2010年02月21日 02:13

2/18日深夜の突発放送で『ヴォルフィード』をクリアしました。

PCエンジンやメガドライブにも移植されたそうですが、私が入手したのはPS版。
Simple1500シリーズの『THE 陣取り』というタイトルで移植されています。


SIMPLE1500シリーズ Vol.80 THE 陣取り~ヴォルフィード1500~
$ひそひそゲームラジオBlog-ヴォルフィード

アーケードで人気だったタイトーの『ヴォルフィード』が、「SIMPLE1500」シリーズで復活。
当時は「囲みゲー」という言葉もできて、そのジャンルを確立していたころもあった。
この『ヴォルフィード』に代表される囲みゲーの遊び方はきわめてシンプル。
自機を使ってフィールド上に線を引き、陣地を取っていくだけ。
もちろん、敵キャラもフィールド上に存在している。
(amazon.comより)



小さい頃近所のゲームコーナーにあったこのゲーム。
買い物のついでに親に100円貰ってやるのが楽しみだったなあ…、という思い出の一品。
"ヴォルフィードwww懐かしすぎるwww""なんか見覚えあるような…気のせいかな…"等々、
リスナーさんたちの心の琴線も刺激してしまったようです。

ちなみにこれ、1981年発売のアーケードゲーム『QIX(クイックス)』のリメイクだそうです。
この『ヴォルフィード』をリメイクした『ギャルズパニック』は未だに実機が稼働しているらしく、
さらに、原型である『QIX』のリメイク版が『QIX++』としてPSPで発売されるらしい…。

実はこんなにも人気作だったんですねー。全然知らなかった…。


当時1コインで3面位は行けたかなあというおぼろげな記憶で説明書も読まずに始めたものの…。
まさに阿鼻叫喚。(私の)悲鳴の絶えない放送となってしまいました。(皆さんごめんなさい)
あっ、ほら、難しいんですよ。アーケードスティックと違ってコントローラーですから!ねっ、ねっ?
こらこら!"言い訳乙"とか言わないでくださいよ! ...orz

全16ステージの中で一番苦労したのは15ステージ。ここだけで1時間超え余裕でした。
もうね、中盤で「クリアするまで寝ない!」宣言したことを何度後悔したか…。
対角線状に区切る戦法から、まん中ぶった切り戦法を経て罠に引っ掛けてやんよォオオオオ戦法に映る頃、
"俺たちの睡眠のためにも来いよおおおお""寝かせてくれw""寝るために応援するお!"などなど
コメント欄もいい感じにカオスです。(お付き合いくださった皆さん、本当にありがとうございます(´;ω;`))

最終枠でついに敵を倒した時はもう歓喜!本気でガッツポーズしましたよ!
"おおおおおおおおおおめええええええええ""なん・・だと・・!?""奇跡じゃ…奇跡じゃ…"等々。
応援して下さった皆さんありがとう!本当にありがとう!最後のボスも無事撃破!
"ここまで耐えたかいがあったー""寝れそうだなー""これで寝れるー""みんなーおやすみー"
皆さんお疲れ様でしたー。・゚・(ノ∀`)・゚・。


ちなみに、途中で貼っていただいた全く参考にならない参考動画はコチラ。


うん。全く参考になりませんねw
スーパープレイってレベルじゃねーぞォオ(`Д´)ゴゴゴ…━(ノдヽ)━( 乂 )━━━ヽ(゚Д゚)ノゴルァァア!!




未だに現役稼働中!『ギャルズパニック』


こ、このノリはまさに脱衣麻雀!
皆さんお好きですねえ…ヽ(´ー`)ノ




ヴォルフィードの原型『QIX』


随分とシンプルなお姿で…。1981年発売のレトロゲームですね。
敵がなんだかとってもシュール!




上記『QIX』のリメイク版『QIX++』プロモーションムービー


まさにリメイク!といった感じですね。
個人的ににはヴォルフィードのゲームゲームしたボスが好きかなあ…。(思い出補正もありそうですが)





最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。